能書家・康くん

補足説明

武田を滅ぼした家康は、降伏してきた武田軍の精鋭部隊「赤備(赤い鎧の騎馬部隊)」を22才の井伊直政にそっくり与えてしまいます。

直政はほとんど何の功績もないのに‥。

以前から赤備をほしがっていた榊原康政は

「井伊と刺し違えてやる!」

と烈火のごとく怒ったといいます。

酒井忠次の仲裁で赤備をあきらめた康政はその後、得意の書を生かして秀吉を弾劾する有名な檄文を書き上げ、大いに名を上げたそうです。

康政は熱い男です(こんなみみっちいやつではありません‥ごめんね、康政)。