酒井忠次

さかい


 徳川家臣団の「第一のおとな」、つまりは一番えらいご家老でありながら 特技は宴会芸「えび掬いの舞い」というお茶目なお方。
 その一方で主君の妻子を謀殺してでも徳川を守ろうとする冷徹な外交官としての顔も持っている男。
 そして晩年は浄土宗に深く帰依‥
徳川四天王中、一番複雑な人格を持ってるのは実は彼じゃないかなと思います。



つぎへ