忠勝と康政

べんは


忠勝と康政は同い年。揃って旗本先手役を務め、時には先陣争いをした仲だったそうです。
おそらくお互いいいライバルだったのでしょう。

そんな二人に「ベンハー飲みをさせたい!」という孔の願望からでた絵。
※映画「ベンハー」で主人公と親友が再会したときにこうやって盃を交わしていたのです…。


らぶ1

忠勝と康政、大樹寺で出会うの図。
桶狭間の後、家康とともに寺に身を寄せた忠勝と、当事大樹寺で学んでいた(という説がある)康政。
字が下手だった(だろう)忠勝の名札を見事な達筆で書いてやる、「大樹寺始まって以来の秀才」康政。
勝手に二人の出会いのシーンを想像して描いておりました。




らぶ2

康政を家康(軍議真っ最中)に引き合わせる忠勝の図。
文章が得意な(と、忠勝が猛推薦する)康政に、
いきなり岡崎城代への文書を書くよう命じる家康、驚く家臣たち。

この後どうなったんだろうねえ…。




ちび

忠勝と康政の生れた土地は実は近い。
その設定を利用して、実は二人は幼少のころ会っていた、という設定。
たぶん二人ともガキ大将…。ツクシ争奪戦の様子。




私は甘党

三河グルメの話で描いた二人。君たち太るぞ!!(笑)





つぎへ