石川数正

かず


石川数正(大河「徳川家康」のね!)は孔が戦国にはまるきっかけになったお方です。
これは初めて出した三河武士本の表紙…。
(取りあえず知っているフォトショのテクニックをいろいろ試してみたので、当時妹に「フォトショップの無駄遣い」と言われた)
戦う御家老


メールで教えていただいた石川さんプチネタより。
永禄十二年(1569年)掛川城攻略戦は、
石川さんが朝比奈泰朝と槍を合わせるような接戦だったそうです。
「徳川家康公伝」では多分本人同士は直に戦ってないと思いますが激戦だったのだろうという感じに書かれていたそうです!

数正さんはインテリイメージが強いですが実はなかなかの武人で、三方が原では負けて逃げる徳川軍を守るため単身踏みとどまり、槍を手前において道の真ん中に座り込み、武田の兵が来るたびにばっさばっさと斬って捨てたそうです。
若きご家老、すごすぎる!


甥っ子と一緒


数正の奥さんは石川家とご近所の内藤家のご出身。
(ひょっとして幼な馴染‥?初恋の人‥??)
そんなわけで甥っ子には弓の名人・内藤家長や信成がいます。
家長が最初に入ったのは数正の隊だったそうです。

家長・信成にとって、一族の出世頭にして文武両道の数正はまさに
「憧れの伯父御」だったかもしれません‥。


‥「戦うご家老・石川数正」の詳しい人物紹介などはこちらをご覧下さい。
三河武士紀行「石川数正紀行」



おまけ。

はるみか

‥このたび発売されたネオロマンスゲーム「遥かなる三河の中で」は 平凡な女子高生がある日戦国時代の三河にタイムスリップし、どういうわけか 三河武士の首領・徳川家子になってさまざまな三河武士との親密度を上げながら 最後はなぜか天下を取ってしまうという恋愛シュミレーションゲームです。

‥一応言っときますが冗談です。徳川家子ってなんやねん(笑)。

まあでも、希望キャストとしては
天の青龍・榊原康政 地の青龍・本多忠勝
天の白虎・石川数正 地の白虎・酒井忠次
天の朱雀・井伊直政 地の朱雀・成瀬正成
天の玄武・天海   地の玄武・本多正信

個人的には井上ヴォイスの酒井さんを超見たいです。
カズ(めがね!めがねカズ!)に↑なこと言われて
「ふふ‥たかが兵糧調達(シ○コのバーゲン)に大げさだねえ、数正は。
 まあそこがかわいいところなのだがね‥。」
 などとね、言わせてみたいわけですよギャッギャッギャッ!!!(こええ)
(ちなみにシビ○とは岡崎の中心部にある老舗デパートのことです)。





次へ