oosuga
大須賀康高
※ 名前をクリックすると↑wikiの人物解説が出ます。

榊原康政のお舅さん(康政の妻の父)。

のちに大須賀家は絶えてしまい、あまり記録には残っていないが、 実際は三傑や大久保忠世・鳥居元忠に匹敵する武功を挙げた人物。

はじめ酒井忠尚に仕えていたが、忠尚が徳川家康に反旗を翻すとこれに従わずに家康に仕えるようになる。
徳川譜代では新参者だが、その武功によって先鋒、しんがりを務めることも多く、家康に大変信頼された。

旗本先手役として活躍し、高天神城の戦いなどで手柄を認められ、天正10年遠江横須賀城主となった。


有名なエピソードはあまりないが、記録などを見ると榊原軍はいつも大須賀軍を行動を共にしていたので、若き康政は 義理の父である歴戦の勇者・大須賀康高に戦場でいろいろアドバイスを受けたりしたのだろうし、大きな影響を受けたのだろう。

康政はいい舅を持ったし、康高はいい婿を持ったと思う。


   次へ