isikawa

石川数正

 彼のドラマチックな出奔劇は謎が多いだけに、いろいろな想像をかきたてられずにはいられない。  なぜ彼は秀吉の元へ走ったのか。

 ある人は主君や家臣の頑迷さに愛想をつかせたからだといい、 ある人は主君と秀吉とをつなぐパイプ役になるため心ならずも降ったのだといい、 ある人は徳川家の中で自分の立場が危うくなったため、秀吉の元で再起を図ろうとしたのだといい‥。

 主君への忠勤の激しさで天下に知られた三河武士。 その中でも最も古くからの譜代家臣の家柄であり、しかも西三河一帯を家康から任されていた重臣であった数正。

 戦国の世では主を変えるのは当たり前とされていますが、彼の生きてきた世界の中では「出奔」という裏切り行為は、 他者とはまったく違う意味を持っていただろう。

 どんな気持ちで出ていったのか‥。

見る側の人生経験や年齢、立場などで色々数正観が変わるのが数正の面白いところであるともいえる。

 お墓が死者を偲び、自分を見つめる場所なのだとしたら、

中に遺骨があるかないか、その墓がその人物のものであるかないか、

そんなことは案外どうでもいいことなのかもしれない。


◆「石川数正紀行」◆
◆「石川数正トリビア」◆
◆「石川数正アネックス」◆


  つぎへ